御神田の水*BASE SHOP
御神田の水オンラインショップ
御神田の水*海老
コンムーのめだか屋さん

リンク

熱帯魚 Feed

2015年6月30日 (火)

御神田の水の「おまけ」

本日より御神田の水(全種類)の
「おまけ」がポリスポイトからシリンジに変更になります♪

http://sumiyoshimedaka.ocnk.net/product/23

Img_0185


「御神田の水」ご購入時、
サービスで1本お付けさせて頂いていますが、
スペアとしてお持ち頂く為に、商品化致しました。

【材質】PP(ポリプロピレン)

【全長】94mm

【容量】3ml

【1目盛】0.1ml

Img_0184


以上、よろしくお願い致します。

↓ご訪問ありがとうございます。応援クリックをポチッとお願いします♪


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


楽しくて為になるブログがいっぱい有りますよ♪


住吉めだか*御神田の水*オンラインショップはこちらから ↓


住吉めだか*御神田の水

 RSSリーダーで購読する

Google Readerへ追加

My Yahooへ追加


2015年5月20日 (水)

水換えについて

基本的にアンモニアと亜硝酸が検出されている状態で水換えをすれば、
何時まで経ってもアンモニア、亜硝酸は出てきます。
水換えするのは、硝酸塩が溜まった時にするのが正しい方法です。

アンモニア・亜硝酸は好気性バクテリアの力で限りなく0になります。
硝酸塩は嫌気性バクテリアの力を上手く利用出来れば、限りなく0になります。
(根の張る水草を使えば、尚良しです。)

ですので、アンモニア、亜硝酸が検出されていても、
そこはぐっと我慢して自然の力(バクテリア)に任せましょう!

Nitrogen_cycle_3



PS:これはメダカや金魚に関わらず、熱帯魚やエビなど全ての水生生物にも言えることです。

ちなみに、我が家でも金魚も飼ってますが、
一切の水換えは行わず、蒸発した分、御神田の水の希釈水を足し水するだけで、
常に絶好調です。(荒木田土+川砂でエアーレーションも濾過器もなしです)

Kingyo_kanehira2


↓ご訪問ありがとうございます。応援クリックをポチッとお願いします♪


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


楽しくて為になるブログがいっぱい有りますよ♪


住吉めだか*御神田の水*オンラインショップはこちらから ↓


住吉めだか*御神田の水

 RSSリーダーで購読する

Google Readerへ追加

My Yahooへ追加


2014年8月 8日 (金)

復習です。「良好な水質を維持する為の基本的なこと」

こんにちはnote

配達&採集用に使っている、愛車トモス(原チャ)ですが、
今までは採集した生体をバッカンに入れ、
そのバッカンをフロントバスケットに積んでいたんですが、
やはり安定感が悪く、下手したら事故る可能性も有るので、
それならばと、リアバスケットを付ける事にしました。confident

Mijinkosaisyu8


(今日リアバスケットが到着したので、あとで取り付けようと思います。)


更に後ろブレーキのワイヤーが切れてしまい、
それを修理したりしながらトモスをチェックしていると、
サイドバッグがちぎれかけていたので、補強したり、
また、サビも酷くなって来たので、サビ取りしたり、
ついでに洗車したりと、ブログを書く暇がなくなってしまい、
再び更新もままならず、の状態に陥ってしまいました。coldsweats01

で、ここ最近、再び御神田の水の新規ユーザーさんが急増している事も有り、
それならばと、またまた過去記事での復習と相成ります。coldsweats01

良好な水質を維持する為の基本的なこと

新規ユーザーさんはもちろん、
ベテラン・ユーザーさんもこの機会に復習してみて下さいね。happy01

↓ご訪問ありがとうございます。応援クリックをポチッとお願いします♪


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


楽しくて為になるブログがいっぱい有りますよ♪


住吉めだか*御神田の水*オンラインショップはこちらから ↓


住吉めだか*御神田の水

 RSSリーダーで購読する

Google Readerへ追加

My Yahooへ追加


2014年6月 6日 (金)

生餌自家繁殖させてます。(ミジンコ・アカムシ・ボウフラ)

こんにちはnote
今日の大阪住吉は雨が降りそうで降らない状態ですので、
降らないうちに屋外のメダカさんの世話を済ませて来ました。happy01

と言う事で、本題ですが、
裏庭や玄関先でもミジンコを繁殖させていますが、
2階の屋根の上でもミジンコを繁殖させています。↓

Namaesa1


Namaesa2


で、屋外でミジンコを繁殖させていると、
勝手にアカムシやボウフラも湧いて来ますね。coldsweats01

そのアカムシやボウフラが羽化しないうちに、
稚魚選別網やスポイト(ピペット)を使って採取し、
メダカさんに与えます。sweat02fish

Namaesa3


Namaesa4


2階の屋根で繁殖させているミジンコ、アカムシ、ボウフラは、
神経質になって人工飼料を食べにくくなった
アピストやラミレジィを中心に与えています。think

今の時期、人工飼料の食べ残しが出れば、
翌日にはカビが生えて、速攻で水質悪化に繋がりますので、
食べ残しを見つけ次第、ピペットで吸い取りゴミ箱へちゃいです。down

と言う事で、最後に動画も撮ってみましたので、
お時間のある方は、どうぞご覧下さい。↓
(苦手な方はスルーして下さい。sweat02

iPhoneなどのスマートフォンの方は、こちらから↓
http://youtu.be/rPy--uzEVHo

お口直しに綺麗な赤い花をどうぞcoldsweats01

Akaihana


愛犬ピーチと一緒に空へ向かってくれた小ちゃくて可愛い赤い花。。。

玄関先にいっぱい咲いてくれています。tulip

↓ご訪問ありがとうございます。応援クリックをポチッとお願いします♪


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


楽しくて為になるブログがいっぱい有りますよ♪


住吉めだか*御神田の水*オンラインショップはこちらから ↓


住吉めだか*御神田の水

 RSSリーダーで購読する

Google Readerへ追加

My Yahooへ追加


2014年6月 3日 (火)

アピストグラマ*稚魚との散歩を上から撮ってみた!

こんにちはnote
今日は昨日までの季節外れの暑さから解放され、
心地よい風が吹いています。confident

夏の雰囲気は大好きですが、都会の夏の暑さは耐え難いですね。coldsweats02

本当なら、メダカ記事を書こうと思っていたんですが、
デジイチのバッテリーの装着を忘れており、
2階まで取りに上がるのも面倒なので、
今日はメダカの世話だけとなりました。coldsweats01

と言う事で、本題ですが、
この暑さで室内水槽の水温も28℃前後まで上昇して来ており、
このままでは危険なので、水槽の蓋を外してみたところ、
アピストグラマ(アガシジィ・ファイアーレッド)が親子で散歩しているところを、
上から覗き見してみました。↓

Apchigyo1


稚魚はブラインシュリンプをいっぱい食べた後なので、
ウィローモスの森の中で休憩しています。↑↓

Apchigyo2


最近、親が子を虐待したり、
最悪、殺してしまったりすると言う、嫌な事件が多いですが、
アピストグラマの親が稚魚を見守る姿を見ていると、ほんま感動しますね。confident

Apchigyo3


と言う事で、最後に動画も撮ってみましたので、
お時間のある方は、どうぞご覧下さい。↓


YouTube: アピストグラマ*稚魚との散歩を上から撮ってみた!

メダカも進化して、子育てしてくれるようになってくれんかな、、、bleah

↓ご訪問ありがとうございます。応援クリックをポチッとお願いします♪


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


楽しくて為になるブログがいっぱい有りますよ♪


住吉めだか*御神田の水*オンラインショップはこちらから ↓


住吉めだか*御神田の水

 RSSリーダーで購読する

Google Readerへ追加

My Yahooへ追加



2014年6月 1日 (日)

濾過方法変更しました!

こんにちはnote
昨日も暑かったですが、今日も暑くなりそうですねsun

まだ暑さに身体が順応していないので、
早くも夏バテになりそうです。coldsweats01

と言う事で、本題ですが、、、
今日もメダカ記事ではございません。。。m(__)m

で、ちょうど2年くらい前にエーハイム・エコの本体に亀裂が入り、
水漏れ事故を起こし、エラい災難に遭ってしまい、
急遽バスコークで修理し、何とか使っていましたが、、、↓

Eheimeco3


その時の記事↓
水漏れ事故!のエーハイム・エコ修理しました〜!


更に去年はハンドルも壊れてしまい、
ハンドルを取り外して、なかば強引に作動させていましたが、、、↓

Eheim_ecco2


濾過器内の掃除をする時に、モーターヘッド部分(蓋)が簡単には外れないので、
それが面倒になり、それならばと、先日の記事にも書きましたが、
テトラ・ブリラントフィルター+水心+aをポチッとしました。↓

Brillant_filter1


匹数にもよりますが、
アピストグラマやエビ飼育には、これだけで十分ですね。good

Brillant_filter2


水槽より下にエアーポンプを設置する場合、
この逆流防止弁が必要です。↑↓

Brillant_filter3


Brillant_filter4


セッティングも簡単で、泡の出具合が悪くなったら、
スポンジを飼育水でモミモミするだけの、
メチャクチャ簡単メンテナンスで、これでストレスも軽減されますね。good

Brillant_filter5


と言う事で、今日も暑くなりそうですが、
皆さん、良い休日をお過ごし下さいね。clover

↓ご訪問ありがとうございます。応援クリックをポチッとお願いします♪


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


楽しくて為になるブログがいっぱい有りますよ♪


住吉めだか*御神田の水*オンラインショップはこちらから ↓


住吉めだか*御神田の水

 RSSリーダーで購読する

Google Readerへ追加

My Yahooへ追加


2014年5月31日 (土)

やっぱりダメでした。。。

こんにちはnote
今日もメダカ記事ではなく、メダカ記事を楽しみにされている方には
申し訳なく思っています。m(__)m

が、屋外飼育のメダカさんは、この暑さで第二回目の産卵モードに入っておりますが、
相変わらず食卵が激しく、例年に比べ採卵数が少なくなってしまっています。sad

まあ、余り採り過ぎても、我が家の飼育環境では厳しいので、
こんな感じが理想なのかも知れませんね。think

と言う事で、本題は昨日の記事の続きですが、
Ap.マクマステリィ・レッドネックの稚魚(第一子たち)を
アクアボックスへ引越しさせて、暫く様子を見てましたが、
メス親が我が仔やのに、まるで天敵のように威嚇しまくっているので、
このままでは先日産まれたばかりの稚魚(第二子たち)の子育ても上手く行かない可能性も有るので、
メス親を落ち着かせる為に、別水槽のサテライトLへ引越しさせました。↓

Brillant_filter6


サテライトLの先住民の各種ラミレジィのオス3匹は、
狭い環境で可哀想ですが、アクアボックスに引越しさせました。bearing

Brillant_filter7


水槽の上に置いているタッパーは、
ブラインシュリンプを皿式で湧かしているところです。↑

Brillant_filter8


生後約1ヶ月でここまで成長しました。↑

先日まではブラインシュリンプオンリーでしたが、
今は顆粒状の餌をすり潰したパウダーフードも食べてくれるようになり、
ここまでくれば餓死の心配もなくなり、ひと安心です。confident

Brillant_filter9


水槽内のアクアボックスを取り除き、
これで安心して子育てに専念出来ますね。goodshine

ちなみにオスを隔離飼育しているサテライトの後面には、
板を設置し目隠ししています。↑

今年のメダカの産卵シーズンは、
アピストグラマの産卵ラッシュと重なり、
連日大忙しですが、これも嬉しい悲鳴ですね。happy01

↓ご訪問ありがとうございます。応援クリックをポチッとお願いします♪


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


楽しくて為になるブログがいっぱい有りますよ♪


住吉めだか*御神田の水*オンラインショップはこちらから ↓


住吉めだか*御神田の水

 RSSリーダーで購読する

Google Readerへ追加

My Yahooへ追加


2014年5月30日 (金)

チャームさんでポチポチポチッと

こんにちはnote
今の時期としては今日も暑くなりましたね〜sun
この暑さに負けて、今年初の扇風機を出動させましたtyphoon

真夏もこれくらいの暑さなら、扇風機だけで乗り切れるのにな、、、
と、暑い夏は好きですが、光熱費削減の為に淡い期待を抱いています。coldsweats01

と言う事で、本題ですが、
アピストグラマの産卵により、先日から頭を悩ましておりますが、
自作の隔離ボックスはやはり、一番大切な観察もしにくいですし、
それならばと、久しぶりにチャームさんでポチポチポチッとしてみました。↓

Aqua_box1


これ全て、アピスト用に仕入れたものなんですが、
上からアクアボックスx5ヶ
左下〜テトラ・ブリラントフィルター、エアーポンプ(水心)、
テトラ・エアーチューブ、逆流防止弁、ブラインシュリンプエッグスです。

取り敢えず、今日は気になっていたアピストの隔離を行う為に、
本ちゃんのアクアボックスをセッティングします。↓

Aqua_box2


アクアボックス本体と部品↓

Aqua_box3


アクアボックスを組み立てた図↓

Aqua_box4


続きまして〜
雌雄を刺激させないように、底床にソイルを敷きます。↓

Aqua_box5


↓ ↓ ↓

Aqua_box6


引越し前のアピストグラマ・アカシジィー・ファイアーレッドのオス。↓

Aqua_box7


水槽にアクアボックスをセッティングし、
オスを引越しさせました。↓

Aqua_box8


Aqua_box9


出来る限り側面からも見えにくいように、ウィローモスを投入しました。↓

Aqua_box10


やっぱり蓋が有ると飛び出し事故を防げますので安心ですね。↓

Aqua_box11


続きまして〜
先日の飛び出し事故から完全復活した、
アピストグラマ・マクマステリィ・レッドネックのオスもアクアボックスへ↓

Aqua_box12


↓ ↓ ↓

Aqua_box13


飛び出し事故が起こってしまうくらい凶暴なメスなので、
両サイドにアクアボックスに付属していた黒い仕切り板と、
後面にウィローモスで目隠しをしてたんですが、
産卵間もないと言う事で、更にメチャクチャ凶暴になっており、
僅かな隙間からもオスを威嚇しております。↓

Aqua_box14


暫く様子を見ていましたが、
オスも興奮状態に入ってしまい、
このままではメスが落ち着いて子育て出来ないやろと思い、
それならばと、先日メス(親)からの攻撃を受けてしまった稚魚達を
サテライトからアクアボックスへ引越しさせる事にしました。↓

Aqua_box15


↓ ↓ ↓

Aqua_box16


Aqua_box17


観察していると、メスは気になっているようで、
アクアボックスの中の稚魚をしきりに覗き込んでいますが、
稚魚達は平然としており、取り敢えず暫くはこれで様子を見ようと思います。think

で、オスを元々隔離していたサテライトに戻してやりました。↓

Aqua_box18


アピストグラマの飼育繁殖は、
それぞれの雌雄の性格を把握し、
また、稚魚の親離れのタイミングも重要になって来ますので、
しっかりとした観察が必要ですね。think

あとは、水質を安定させる為に、出来る限り水換えをせず、
蒸発した分を足し水するだけの水質管理が最重要ですが、
そう言う管理では必ずと言って良いくらい硝酸塩が溜まりますが、
御神田の水(アクア)を添加していれば、
アンモニア、亜硝酸はもちろん、硝酸塩も
強力な生きた菌の力により、全て限りなく0(ゼロ)の数値になります。goodshine
(餌の与え過ぎに注意し、御神田の水を正しく添加した場合)

そう言う意味でも、御神田の水(アクア)は、
アピストグラマの飼育繁殖にも最強のアイテムと言えますね。confident

と言う事で、最後に動画も撮ってみましたので、
お時間のある方は、どうぞご覧下さい。↓

iPhoneなどのスマートフォンの方はこちらから。↓
http://youtu.be/VnLtNTkYN_A

↓ご訪問ありがとうございます。応援クリックをポチッとお願いします♪


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


楽しくて為になるブログがいっぱい有りますよ♪


住吉めだか*御神田の水*オンラインショップはこちらから ↓


住吉めだか*御神田の水

 RSSリーダーで購読する

Google Readerへ追加

My Yahooへ追加



2014年5月29日 (木)

出た!ヒドラ!〜駆除しました!

こんにちはnote
先日の事なんですが、Ap.アガシジィ・ファイアーレッドの水槽に、
稚魚や稚エビの天敵!ヒドラが発生してましたsign03

Hidora_kujyo1


Hidora_kujyo2


この時点で、そろそろ孵化しそうな頃だったので、
速攻で駆除にかかりました。think

Hidora_kujyo3


今回もヒドラ退治に有効なプラナリアZEROを使います。↑

「ののぴん」さんの記事へのコメントにも書きましたが、
プラナリアZEROを使う場合は、水槽に直接添加するのではなく、
飼育水を掬い取り、そこへプラナリアZEROを規定量添加し、
そこで粉末が溶けるまで掻き混ぜ、それを飼育水槽へ戻してやるのが安心です。flair

で、プラナリアZEROを添加後、約1日で、こんな感じになります。↓

Hidora_kujyo4


Hidora_kujyo5


ヒドラの触手が消え去り、
ここまでくれば、稚魚や稚エビが捉えられる事も無いので、
もう大丈夫ですね。good

更に追い討ちをかける為に、プラナリアZEROを追加添加するのが確実ですが、
触手が無くなったので、餌を捉えられる事が無くなるので、
そのまま放置していれば、数日で消え去ります。paper

ちなみに、今回のヒドラの餌は、
アピストの稚魚に与えていたブラインシュリンプを捕食していたようで、
その証拠にヒドラの体色は赤っぽく染まってました。coldsweats01

今回のヒドラ発生の原因は、
恐らくミジンコ採集の時にヒドラも一緒に採集して来たように思います。coldsweats01

他にも水草(採集、購入)からもヒドラが付着している場合が有りますので、
水槽へ投入する場合、綺麗に洗ってからが安心ですね。think

それでも、発生する事も多々有りますので、
常に観察を怠らないようにしたいものです。think

と言う事で、最後の動画も撮ってみましたので、
お時間のある方は、どうぞご覧下さい。↓

iPhoneなどのスマートフォンからはこちらから。↓
http://youtu.be/pgKRQhpvrfI

↓ご訪問ありがとうございます。応援クリックをポチッとお願いします♪


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


楽しくて為になるブログがいっぱい有りますよ♪


住吉めだか*御神田の水*オンラインショップはこちらから ↓


住吉めだか*御神田の水

 RSSリーダーで購読する

Google Readerへ追加

My Yahooへ追加


2014年5月28日 (水)

飛び出し事故から奇跡の生還!

こんにちはnote
昨日の記事からの予告、
「アピストグラマ・マクマステリ*レッドネックも怪しい動きをしだし、、、」
ですが、
アピストグラマ・マクマステリ*レッドネックのメスが、
あんなに愛を持って稚魚を守って育てていたのですが、
急に稚魚を追いかけ回すようになったので、
ひょっとしたら再び産卵モードに入ったんかな?
と思い、このままでは稚魚が殺されてしまう可能性も有るので、
稚魚を掬ってサテライトに引越しさせました。↓

Apistogramma_macmasteri_red_neck1


↓ ↓ ↓

Apistogramma_macmasteri_red_neck2


で、早速オスを投入すると、
速攻で産卵行動を起こし、あっという間に流木の穴に産卵した模様で、
えらい欲求不満が溜まってたんやな〜sign03と、、、coldsweats01

で、産卵したらオスは用無しかsign03と言うくらいに、
オスを追いかけ回してましたよcoldsweats02

Apistogramma_macmasteri_red_neck3


ほんの30分くらいで、あえなく退散です。↓

Apistogramma_macmasteri_red_neck4


何か可哀想なオス。。。weep

で、余りにも突然だったので、
隔離ボックスも用意出来て無く、
臨時的にざるの中に避難させる事にしました。↓

Apistogramma_macmasteri_red_neck5


動画も撮ってみました。↓


YouTube: ざるの中のAP マクマステリィ

で、このままでは可哀想なんで、
先日作成した自作隔離ボックスを作る為に再び百均へ行き、
さあ、セッティングするぞ〜sign03と思ってたら、
オスがざるから消えてましたsign03

たぶん、水槽にダイブしたんやろな、、、
と思って水槽内をくまなく探しましたが、どこにもいませんgawk

で、たぶんウィローモスの森にかくれてるんやろ??
と思って、自作隔離ボックスをセットしようと思って吸盤を取り付けているとき、
その吸盤を落としてしまい、吸盤を探していると、
床に半乾きになったオスを発見しましたsign03sign03

余りに突然だったので、焦ってしまい、
何も考えずそのまま掴んで、速攻で水槽へ投入してしまいましたsign03

普通は魚を素手で触る時は、飼育水に手を突っ込んでから、
手を冷やしてやらないと、魚が火傷を負ってしまうので、
要注意なんですが、、、

火傷の状態は翌日以降に出るかもしれませんが、
それより、数分?床に倒れていたので、
そっちの方が心配で水槽に投入したオスを観察していると、
半乾きなっていた体表が、見る見る元に戻って行き、
何とか大丈夫なような感じに復活してくれました。confident

で、このままでは、再びメスにやられてしまうので、
速攻で自作隔離ボックスへ引越しさせてやりました。↓

Apistogramma_macmasteri_red_neck6


飛び出し防止の為に水面上を浮草を浮かべています。↑

Apistogramma_macmasteri_red_neck7


取り敢えずこのまま翌日まで様子を見て見る事にしました。↑

Apistogramma_macmasteri_red_neck8


で、今日、様子を見てみると、
動きもしっかりしており、試しに冷凍赤虫を与えみると、
最初は恐る恐るでしたが、ばっちり食べてくれました。goodshine

ほんま、床で半乾きになっている姿を見た時は、
これはダメかもしれんな、、、と半分以上諦めかけていましたが、
必死の看病の甲斐があり、何とか復活してくれました。scissorshappy01scissors

宣伝ではないですが、これも御神田の水に含まれるミネラルと酵素の力による、
粘膜保護の効果の現れかなと、、、
半信半疑ながら、そう感じた次第です。confident

とにかく、飛び出し事故から奇跡的に生還してくれ、
ホッと胸を撫で下ろしています。confident

PS:この百均〜自作隔離ボックスですが、
一時的に隔離するには良いですが、
かなり観察しにくいのと、穴が少し大きいので、
稚魚が入り込んでしまう可能性もあるので、
やはり市販の隔離ボックスを使う方が安心ですね。confident

↓ご訪問ありがとうございます。応援クリックをポチッとお願いします♪


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


楽しくて為になるブログがいっぱい有りますよ♪


住吉めだか*御神田の水*オンラインショップはこちらから ↓


住吉めだか*御神田の水

 RSSリーダーで購読する

Google Readerへ追加

My Yahooへ追加


プロフィール

フォトアルバム

住吉めだか*御神田の水

改良メダカ〜タナゴ類の飼育繁殖に嵌っています。暖かい時期はタナゴ釣りやガサガサでの日淡〜ミナミヌマエビ、ミジンコ採集も楽しんでいます♪